「SE業務」カテゴリーアーカイブ

JMeterにプロキシサーバを経由させる

Webアプリケーションの性能テストでよく使用されるJMeterをプロキシサーバを経由させて動作させる方法をご紹介します。

この方法は、テスト対象のアプリケーションがプロキシサーバを経由しないとアクセスできない場合に使用します。特に、大抵の会社ではプロキシサーバを設置してインターネットにアクセスしていると思います。

なお、インターネットオプションの設定はJMeterには適用されません。

方法1:パラメータを追加してJMeterを起動する。


JMererを起動するにはjmeter.batを実行しますが、起動する際にプロキシサーバを指定するパラメータを追加します。

「-H」でホスト名 or IPアドレスを、「-P」でポート番号を指定します。

コマンドプロントで書くとこんな感じです。(Cドライブ直下にJMeterを配置した場合です。)

jemterコマンドライン

ただ、毎回書くのは面倒なので、こんな感じのショートカットを作るのが楽だと思います。

ショートカット

なお、ご参考までにホスト名とかポート番号以外に以下のようなパラメータがあります。

-H [proxy server hostname or ip address]
-P [proxy server port]
-N [nonproxy hosts] (e.g. *.apache.org|localhost)
-u [username for proxy authentication – if required]
-a [password for proxy authentication – if required]
Example : jmeter -H my.proxy.server -P 8000 -u username -a password -Nlocalhostt

 

方法2:JMeterの起動バッチに直接パラメータを設定する


JMererを起動するjemter.batに以下の記述があります。

この行にプロキシサーバのホスト名(or IPアドレス)を指定するパラメータを追加します。まずは、jemter.batのバックアップをとっておきましょー。

そして、この行をコピーして貼り付けた後、コピー元の行をコメントアウトします。コメントアウトするには、コメントアウトしたい行の先頭に「rem」を付けます。

コメントアウトしていない方の行の後ろにプロキシサーバのホスト名とポート番号を指定するパラメータを追加します。↓こんな感じです。

方法1の方が簡単でおすすめです。(^―^)

 


Tera Termマクロによる自動ログイン

サーバで作業するために、Tera Termを結構使っています。しかし、毎回手動でログインするのはなかなか面倒です。

Tera Term にはマクロ機能が用意されています。これを設定することで、マクロファイル(.ttl)をダブルクリックするだけでログインすることが可能です。

本記事では、Tera Termマクロによるsshで自動ログインするための設定方法を紹介します。

【Step1】ttlファイルの関連づけ

マクロファイルの拡張子は.ttlです。そのため、.ttlファイルをダブルクリックしてTera Termマクロ(ttpmacro.exe)を実行できるように、関連づけの設定をします。

手順はこちらのページで紹介しています。→拡張子とアプリケーションの関連づけ(Windows7)

【Step2】マクロファイル(.ttlファイル)の作成

関連づけの設定が完了したらあとはマクロファイルを作成します。
以下、テンプレートファイルです。

環境に応じて、以下に部分を設定してください。

  • username:サーバのユーザ名
  • password:パスワード
  • hostname:サーバのホスト名。もしくは、IPアドレス
  • logfilename:Tera Termのコンソールログファイル名
  • /auth:認証方法
  • logdir:Tera Termのコンソールログ出力先フォルダ

ttlファイルができたら、ダブルクリックしてみてサーバにログインできるか確認してみましょう(ノ´д`)

※注意※

マクロファイルにはアカウント情報が含まれますので、流出などしないよう、取り扱い要注意です!

 


拡張子とアプリケーションの関連づけ(Windows7)

Windows7において、ファイルの拡張子ごとにダブルクリックで開くプログラムを設定する方法を紹介します。

【STEP1】 今回は、*.ttlの拡張子をTeratermマクロプログラムに関連づける場合で例を示します。関連付けしたい拡張子のファイルを右クリックし、「開く」をクリックします。

screen1


【STEP2】「インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する」を選択して、OKボタンを押下する。

screen2


【STEP3】「ファイルを開くプログラムの選択」のダイアログが表示されるので、参照ボタンを押下する。

screen3


【STEP4】Teratermのマクロプログラムを選択する。デフォルトインストールで「C:\Program Files\teraterm\ttpmacro.exe」にインストールされている。

screen4


【STEP5】「ファイルを開くプログラムの選択」にTTPMACROが表示されているので、選択してOKを押下する。

screen5


以上で、.ttlのファイルをダブルクリックすると、Teratermマクロプログラムが起動するようになります。