「資格・勉強」カテゴリーアーカイブ

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験に合格した!

デベロッパーアソシエイトに続き、SysOps アドミニストレーターアソシエイトを取得しました。

未だに未だにクラウド案件未経験の私が実践した勉強方法を紹介します。ご参考になれば幸いです。

どんな試験??

以下、公式サイトの引用です。

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験は、AWS における開発、管理、運用に関する少なくとも 1 年以上の経験を持つ、SysOps を担当するシステムアドミニストレーターを対象としています。
https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-sysops-admin-associate/

・勉強法その①-書籍 →利用なし

デベロッパーアソシエイトと同様に目ぼしい対策書籍がなかったので、書籍は購入しませんでした。ソリューションアーキテクトの対策本はたくさんあるのになんでだろう?

・勉強法その②-ハンズオン

毎度同じのUdemyのStephane Maarekさんの講座にお世話になりました。

Ultimate AWS Certified SysOps Administrator Associate 2021
https://www.udemy.com/course/ultimate-aws-certified-sysops-administrator-associate/

安定のクオリティです。英語のスピードを落として、字幕を表示すれば、特に問題なく聞き取れると思います!!

・勉強法その③-公式の模擬試験を受ける

AWS公式の模擬試験が2,000円で受験できます。本試験が15,000円掛かるので、2,000円を追加で払って1回で確実な合格を目指すのがおすすめです。

こちらで登録して受講可能です。本試験を受験するときにどうせ登録が必要なサイトです。
https://www.aws.training/certification

ちなみに、別のAWS認定試験に合格したことがある方は、特典として模擬試験の無料クーポンがあるはずですので、忘れずに使いましょう!

試験結果の通知

上記の勉強法で合格できました!!受験後、PCの画面ですぐに合否は出ますが、スコアは数時間後にメールが届くので、メールのリンクからログインして確認できます。

認定証

スコアレポート

なんとか900点を超えた!!

スコアレポート詳細

次はプロフェッショナルや専門知識の認定試験の合格を目指す
( ・ㅂ・)و


プロジェクトマネージャ試験は不合格でした。。。

SE歴が10年を超えて、そろそろプロジェクトマネージャの資格をとり、管理職への足掛かりにしたいと思っていましたが、残念ながら不合格でした。こんな勉強法じゃだめだよという自戒の念を込めて勉強法を紹介させていただきます。なお、午前1は免除だったので割愛。私の不甲斐ない結果は↓。やはり論文がダメだった。。。

プロジェクトマネージャ試験て??

IPAの公式サイトによると「 高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの目標の達成に向けて、責任をもって、プロジェクト全体計画(プロジェクト計画及びプロジェクトマネジメント計画)を作成し、必要となる要員や資源を確保し、予算、スケジュール、品質などの計画に基づいてプロジェクトを実行・管理する者 」
一人の技術者から管理する側になるにはとっておきたい資格です。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

・午前2対策

他の試験区分も同じですが、午前2は過去門とまったく同じか似た問題が大半を占めるので、過去問をたくさん解くのが単純で一番効果がありました。過去問はIPAのサイトにあります。 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_mondai.html

・午後1対策

午後1も過去問をたくさん解くのがよいですが、解説が必要だったので、こちらの参考書を利用しました。過去3年分が収録されていますが、足りなければIPAの公式サイトにもっと古いものがあります。
2020 徹底解説プロジェクトマネージャ本試験問題 (本試験問題シリーズ)

・午後2対策

前回のシステムアーキテクト試験に合格して論文には少し自信が付いたのですが、結果論文で不合格になってしまいました。

ほとんどの人にとって午後2の論文が鬼門ではないでしょうか。私も過去システムアーキテクトにチャレンジして、2回とも午後2で落ちていました。でも、TACとかの講座は高くて手が出ない。そこで、参考書+添削サービスで対策しました。

参考書は「プロジェクトマネージャ 合格論文の書き方・事例集 第6版」。システムアーキテクト試験はこの参考書で受かったので今回もこちらに頼りました。内容は文句なし。

添削サービスはiTECのこちらのサービス( https://www.itec.co.jp/store/products/detail.php?product_id=3521)です。費用は10,000円です。

テーマが与えられて2回論文を添削してくれます。ちゃんと点数をつけてくれるので、自分が合格ラインを超えているのか第3者が評価してくれます。

敗因

こんな感じで対策したのですが、結果は論文で不合格になってしまいました。敗因は、システムアーキテクトっぽい書き方をしてしまったことだと思います。課題に対する対応がすべて技術よりの書き方になってしまって、管理・マネジメントについて論じることができなかったです。やはり、実務で管理を経験しないとなぁ。。。


AWS認定デベロッパー – アソシエイト試験に合格した!

ソリューションアーキテクトアソシエイトに続き、デベロッパーアソシエイトを取得しました。

未だにクラウド案件未経験の私が実践した勉強方法を紹介します。ご参考になれば幸いです。

どんな試験??

以下、公式サイトの引用です。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験は、AWS ベースのアプリケーションの開発や保守における 1 年以上の実務経験がある開発担当者を対象としています。
https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-developer-associate/

・勉強法その①-書籍 →利用なし

いろいろ本は探してみましたが、結局本は読んでません。ソリューションアーキテクトアソシエイトに比べて、デベロッパーアソシエイトは目ぼしい対策書籍がなかったので、書籍は購入しませんでした。

・勉強法その②-ハンズオン

ソリューションアーキテクトと同じで、ハンズオンが有効と考えて、Udemyで講座を探しました。しかし、日本語の講座はありませんでした。日本語はあきらめて、聞きやすい英語に講座を探して、以下の講座にたどり着きました。

Ultimate AWS Certified Developer Associate 2020
https://www.udemy.com/course/aws-certified-developer-associate-dva-c01/

通常は24,000円と書いてありますが、このUdemyというサイトは頻繁にセールをしており、だいたい1,500円くらいで買えます。くれぐれも正規の値段で買わないように。

肝心の内容はというと、とてもスバラシイです!!英語ですが、字幕が出ますし、再生スピードを落とせば自分に合った速度で解説が聞けます。何より、この講師のStephane Maarekという方の英語は聞きやすかったです

・勉強法その③-公式の模擬試験を受ける

AWS公式の模擬試験が2,000円で受験できます。本試験が15,000円掛かるので、2,000円を追加で払って1回で確実な合格を目指すのがおすすめです。

こちらで登録して受講可能です。本試験を受験するときにどうせ登録が必要なサイトです。
https://www.aws.training/certification

試験結果の通知

上記の勉強法で合格できました!!受験後、PCの画面ですぐに合否は出ますが、スコアは数時間後にメールが届くので、メールのリンクからログインして確認できます。

認定証

スコアレポート

思ったより高得点!!

スコアレポート詳細