「AWS」タグアーカイブ

【おすすめ書籍】AWSの薄い本 IAMのマニアックな話

会社でAWSの管理者のような立ち位置になり始めて、自分以外にも会社のAWSアカウントを使うようになった。自分だけで使っていた時には味わうことが無かった難しさがある。

それは、アカウント、セキュリティの管理維持である。

どのようなIAMグループを作成して、どのようなポリシーを割り当てるべきなのか?よりセキュアな環境のために、IPアドレス制限、MFA(多要素認証)を考えなければならない。

他の人はどうやってるの?自分のやり方は合ってるの?と自問自答する日々が続いたが、この書籍に出会ってモヤモヤが晴れました。

AWSの薄い本 IAMのマニアックな話

この本はIAMのみにフォーカスして、具体的なユースケースで解説されています。あるべき論を気持ちよく語っている本はよくありますが、この本はより現実的に運用できる具体的な方法論が語られており、ここ最近読んだ本の中で一番内容の濃いものでした。

もう一回書きますが、本当に具体的な方法論が書かれています。AWSを管理する人は必携の本と思います。

そして、実践するためのIAMグループ、ポリシーを作成するCloudFormationテンプレートが付いています!これ使い始めるだけでも、だいぶレベルアップできる。

あと、今まで同人誌というものを買ったことが無かったのですが、このようなニッチ??な内容の本があって、これもありだなと思いました。


AWS認定デベロッパー – アソシエイト試験に合格した!

ソリューションアーキテクトアソシエイトに続き、デベロッパーアソシエイトを取得しました。

未だにクラウド案件未経験の私が実践した勉強方法を紹介します。ご参考になれば幸いです。

どんな試験??

以下、公式サイトの引用です。

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験は、AWS ベースのアプリケーションの開発や保守における 1 年以上の実務経験がある開発担当者を対象としています。
https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-developer-associate/

・勉強法その①-書籍 →利用なし

いろいろ本は探してみましたが、結局本は読んでません。ソリューションアーキテクトアソシエイトに比べて、デベロッパーアソシエイトは目ぼしい対策書籍がなかったので、書籍は購入しませんでした。

・勉強法その②-ハンズオン

ソリューションアーキテクトと同じで、ハンズオンが有効と考えて、Udemyで講座を探しました。しかし、日本語の講座はありませんでした。日本語はあきらめて、聞きやすい英語に講座を探して、以下の講座にたどり着きました。

Ultimate AWS Certified Developer Associate 2020
https://www.udemy.com/course/aws-certified-developer-associate-dva-c01/

通常は24,000円と書いてありますが、このUdemyというサイトは頻繁にセールをしており、だいたい1,500円くらいで買えます。くれぐれも正規の値段で買わないように。

肝心の内容はというと、とてもスバラシイです!!英語ですが、字幕が出ますし、再生スピードを落とせば自分に合った速度で解説が聞けます。何より、この講師のStephane Maarekという方の英語は聞きやすかったです

・勉強法その③-公式の模擬試験を受ける

AWS公式の模擬試験が2,000円で受験できます。本試験が15,000円掛かるので、2,000円を追加で払って1回で確実な合格を目指すのがおすすめです。

こちらで登録して受講可能です。本試験を受験するときにどうせ登録が必要なサイトです。
https://www.aws.training/certification

試験結果の通知

上記の勉強法で合格できました!!受験後、PCの画面ですぐに合否は出ますが、スコアは数時間後にメールが届くので、メールのリンクからログインして確認できます。

認定証

スコアレポート

思ったより高得点!!

スコアレポート詳細


AWS CLIで「Unknown output type: None」のエラーが表示される

AWS CLIを使っていたら、「Unknown output type: None」というエラーが表示されました。(例:STSのキュー一覧を表示)

C:\Users\user01>aws sqs list-queues
Unknown output type: None

これは、コマンドのデフォルト出力形式をデフォルトのNoneのままにしていると発生してしまいます。

もう一度、「aws configure」でデフォルト出力形式をjsonに設定します。

C:\Users\user01>aws configure
AWS Access Key ID [****************P6VX]:
AWS Secret Access Key [****************wXY8]:
Default region name [ap-northeast-1]:
Default output format [None]: json

もう一度、同じコマンドを実行すると、今度はSQSのキュー一覧がJSON形式で表示されました。

C:\Users\user01>aws sqs list-queues
{
    “QueueUrls”: [
        “https://sqs.us-east-1.amazonaws.com/697361273126/MyFirstDLQ“,
        “https://sqs.us-east-1.amazonaws.com/697361273126/MyFirstQueue
    ]
}

こちらのEラーニングに基づき設定したのですが、Default output formatを設定しておらず、こんなことになってしまいました。
https://www.udemy.com/course/aws-certified-developer-associate-dva-c01/

やはり公式↓を見て設定しないとだめですね。(;^_^A
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/cli-chap-configure.html