「英語・TOEIC」カテゴリーアーカイブ

オンライン英会話レアジョブを試した結果

対面の英会話はけっこうなお値段。。。そして、なかなか予定が合わなくて通えないと思い立って、話題のオンライン英会話レアジョブを使い始めて気がついたら2年以上が経過していました。
無題

そこで、レアジョブを使った英語学習の成果、メリット、デメリットなどなどをご紹介致します。

■成果


仕事で急に英語が必要になって、レアジョブを始めた結果。。。

  • TOEICのスコアが400→845にアップ
  • 英語を話すことに対する恥ずかしさが無くなった

でもでも、まだまだ仕事で英語を使いこなすにはほど遠いかなという実力です。

■レアジョブについて


今となってはさまざまなオンライン英会話サービスがありますが、その中でレアジョブが先駆けのような気がします。サイトには「オンライン英会話No.1」とありますし(笑)以下概要です。

サービス/料金:
毎日、25分のレッスンが受けられて5,800円
Skypeでレッスンを受けますので、Skypeのアカウントとヘッドセットが必要です。会話ができれば良くて、WEBカメラは必須ではありません。講師側の回線状況によってはカメラ映像をOFFにしないとノイズで会話が成り立たないことも多々ありました。

レッスン概要:
「基本的に先生と相談して決めます」という案内がありましたが、正直自分からレッスン内容を提案できるほどの実力もなく、レアジョブ側も教材を用意していますので、基本的にそれを使いました。教材はこちらです→http://rarejobdailynewsarticle.blogspot.jp/

ビジネス、教育、スポーツなどのカテゴリ別で英語のニュース記事が用意されています。

■メリット


なんといっても、「英語をたくさん話すことができる」こと。毎日25分受けられるので、対面の英会話と違って話せる量が全然違います。英語を話す恥ずかしさを取っ払うのがなんだかんだ時間が掛かるので、これは大きかったです。

また、こんな感じで「講師を選ぶこと」ができます。↓
sss

性別、年齢、学科、趣味、職業などなどいろいろな条件から選べるので、「同年代の人と話したい」「趣味について話したい」などできます。

■デメリット


レッスン形式が自由なだけにそもそもちょこっとは英語を話せないとレッスンの内容を講師と決められないですね。。。

また、レッスンの満足度は講師の方によります。たまに、予約したのにドタキャンする先生がけっこういました。レアジョブが臨時の講師をあてがってくれますが、その講師が気に入らない場合はその日レッスンを受けることができません。

講師の方に「レッスンが受けられなくなってもキャンセルはしなでくれ」と言われたことがありました。おそらく、予約だけして受講しなくても受講したことにして働いたことにしようとしてるのかと思います。まぁ、外国ですし、ここらへんの品質はしょうがないのかなと。。。

■終わりに


レアジョブの成果には満足しているのですが、英会話の力の伸びは最近あんまり感じず。。。マンネリ気味です。

新しいオンライン英会話サービスや英会話カフェなどの利用を検討中(´-`).。oO


英語のおすすめ学習コンテンツ

ここでは、私が英語を勉強する上で活用しているコンテンツ・教材を紹介します!

【Lang-8】英語で日記を書いてネイティブに添削してもらう!

Lang-8では自分が英語で書いた日記をネイティブスピーカーの方に添削してもらいます(無料です)。日記といっても、その日にあったささいな事を2,3行書くだけでも大丈夫です! 使い方のコツですが、ただ書いてもなかなか添削してくれないので、外国の方が書いている日本語の日記を添削して、なるべく友達をたくさん作りましょー。

 

バイリンガール英会話 Chika’s English Lessons

english最近はYoutubeのCMでも出ていますよね~。 動画自体がとても面白くて、見ていて全然苦になりません。 その時の話題に合わせたコンテンツも多く、楽しみながら英語の学習ができます。変に難しいリスニング問題に挑戦するよりよっぽど英語を話すために有効だと思います。(笑)

 

【アルク】インターネット英語辞書だったらこちら

alcインターネット上にたくさんの英語辞書サービスがありますが、私はアルクを使ってます。例文もたくさんあります。ちょっとの長めの熟語をそのまま入力しても、ちゃんと検索結果にでてきます。月額300円くらいの有料版もあり、こちらは検索履歴とか単語帳とが使えるようになります。また、例文も多いし、広告も出ません。私は無料版で気に入ったので、有料版にしましたo(^-^)o

 

無料メルマガを活用!【毎日1分!英字新聞】

無料で購読できる英語学習用のメルマガはたくさんあります。 例えば私が購読しているのは「毎日1分!英字新聞」。 新聞っていってもそんなに量は多くなくて、3,4行の英文です。 しかも、その時話題のニュースを英語にしたものもあり読みやすいです。例えば、「STAP細胞の再現に失敗した」とか。 朝の通勤の電車の中でサクッと読めますので、暇つぶし&英語学習ができますので、お勧めです。

 

以下、随時追加します。。。

 


英語のおすすめ勉強法

社会人としてSEという仕事に少しずつ慣れてきた2年目の夏、突然海外出張の命令が下りました。正直、英語なんていつかは使うけど今はいいやと思っていた私にとっては衝撃の出来事でした。

そこで、そんな状況を打破すべく私が実践した勉強法を紹介します。

これで、約1年間でTOEICスコアが400→850まで上がりましたので、合う人には合う方法だと思います。

 

1.英会話を活用する


まずは、とにかく会話することです。いきなり?とも思うかもしてませんが、これが一番手っ取り早いです。まずは、英語で外国の方と話すことに慣れることが大事です。

しかしながら、英会話スクールというのは結構高額です。

そこで、数ヶ月はまず英会話スクールに通い、ある程度話せるようになったら、最近話題で割安のオンライン英会話を活用することをおすすめします。

私が通っていたのが、English Villageという英会話教室です。こちらがわりと安くて(1レッスン40分で2000円程度)、個別レッスンでかつネイティブの先生ということでとてもよかったです。

http://www.english-village.net/

 

ここで半年ほど週1回くらいのペースで通い、外国の方と話すことに抵抗がなくなってきたタイミングでオンライン英会話レアジョブに切り替えました。

reajob

レアジョブでは、毎日25分のレッスンを受けられて月6,000円弱と非常に安いです。レッスンの内容は、先生に要望を出して決めることができます。こちらから指定していない場合には、短めの英語のニュース記事を使用することが多いです。

ただ、先生によってレッスンの質は大きく異なってきますので、お気に入りの先生を数人見つけて、予約することをおすすめします。

 

2.英語で日記を書く


英語を勉強し続けて感じたことは「使う機会が無いとやる気がしない・・・」でした。仕事で使ってる間は良かったんですが、そのプロジェクトが終わった後、一時的にやる気がなくなってしまいました。だから、自分から積極的に英語を使う機会を増やすことが大事です。

私が活用しているのは、Lang-8という英語で日記を書くサイトです。ここでは、自分が英語で書いた日記をネイティブの方が添削してくれます(もちろん無料です)。代わりに、外国の方が日本語で書いた日記を添削します。つまり、外国人同士が互いの言語を教え合うのです。

http://lang-8.com/

 

英語を使う機会を増やすには「外国人の友達を作ろう!!」と書いてあるサイトを見かけますが、私のような人見知りにとっては少しハードルが高かったのです。(´A`。)

たしかに、外国人の友達が作るのもいいですが、まずはLang-8のような取っつきやすいものから始めるのも有効です。

 

3.本、映画を英語で楽しむ


誰にでも好きな本や映画はありますよね?それを英語で楽しむのはとても有効でした。

私の場合、本であったらONE PIECEやのだめカンタービレの漫画が好きなので、英語版を買って読みました。最初は分からない単語があったりで躓きながらですが、日本語でストーリーを知っているので、分からない単語もある程度予想がつきます。

映画の場合は、映画によっては早口でまったく聞き取れません。なので、なるべく子供向けの映画がいいです。ハリーポッターやトイ・ストーリーなどがおすすめです。

  1. 日本語字幕付の英語音声or英語字幕付の日本語音声
  2. 英語字幕の英語音声
  3. 字幕なしの英語音声

の順番で繰り返し観れば、リスニング力の向上と単語量を増やすことができます。あと、覚えた台詞や単語は口に出して言ってみてください。「自分が正しく発音できない単語はリスニングでも聞こえない」というのが私なりの学習ポリシーです。

 

最後に・・・


ここでは特にTOEIC向けの対策を書きませんでしたが、これは1冊か2冊くらい対策用の参考書をこなせば十分です。

正直、TOEIC向けの対策ばかりしても、TOEICのスコアが高いのに、私生活・仕事で英語を使えないというなんともかっこわるい人になってしまいます。

たしかに、TOEICのスコアを評価する企業は多いですが、実際に英語を使えないのではなんの意味もありません。

ここで書いた学習方法は合う人と合わない人に別れると思います。少しでも参考になれば幸いです。