文書情報管理士2級試験で不合格した

業務でECM製品を扱っているので、文書情報管理士を受けてみた。

この試験は、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の認定試験です。https://www.jiima.or.jp/qualification/docinfo_sv/

結果は、、、あとちょっとで不合格

合格ラインは70%なので、ほんとあとちょっと。。。

ただ、あまり勉強できていなかったので、仕方なし。
(↑受験を予定されている方は意外とこの情報は貴重かも?)

勉強法、参考書について

そもそも、この試験のための参考は4つあります。https://www.jiima.or.jp/qualification/docinfo_sv/about_exam/#books

  • 文書情報マネジメント概論
  • デジタル時代のマイクロフィルム入門
  • Document Management 標準化ガイドブック2017
  • 効率とコンプライアンスを高める e-文書法 電子化早わかり

このうち、私は「文書情報マネジメント概論」しか購入していません。なぜかというと、すべて購入すると1万円くらいするのです。しかも、書店やamazon、楽天では出店しておらず。ここは少し改善してほしいです。せめて、一冊にまとまった参考書があるとよいですね。

試験内容について

肝心の試験内容は、文書管理のライフサイクルすべてを網羅しています。特に、SEとしてシステム導入周りの知識にしか興味がなかったので、特にマイクロフィルムなどは参考書を読んでもなかなかピンとこなかったです。

受験料

¥10,800

再受験は。。。

会社から補助が出るわけでもなく、参考書代や受験料が高いので、当面再受験はいいかな。。。
正直、試験内容もあまり役に立たなそうだったので(あくまで私の業務の場合で)


オフラインでGoogle Chromeでゲームができる

インターネット接続がない状態でGoogle Chromeでちょっとしたゲームができます。

オフラインでChromeでどこかのサイトを閲覧すると↓のような画面になります。この状態でスペースキーをクリックするとゲームがスタートします!

障害物のサボテンや鳥を避けるゲームだけのゲームです。

さすが、Googleさんです。こういう遊び心はとても素晴らしいと思います。

よく、仕事でサーバルームで待機時間が長くネット環境が無いときに、これができるのをたまたま発見して、お世話になりました。


AIX上でシェルで文字列結合すると、文字列が上書きされてしまった

AIXでシェルで単に文字列結合して、標準出力したら、結合されずに上書きされてしまった。

やったこと↓

ファイルから読み取った文字列str1(12345)に、文字列ABCDを結合するので、結果は当然「12345ABCD」となるはず。。。

しかし、実際に動かしてみると、「ABCD5」となり、文字列が結合されず、str1に対して、str2が上書きされる結果となった。

最初はさっぱりわからなかったが、結局はstr1の末尾にCR(キャリッジリターン)が含まれていたからであった。

str1を読み取るファイルの改行コードがCRLFなっていたが、AIXの改行コードはLFのため、文字列を読み取った際に「12345」ではなく「12345<CR>」となっていたのである。CR(キャリッジリターン)はつまり、”カーソルを先頭に戻して”を意味するため、後続の文字列str2(ABCD)は一旦カーソルを先頭に戻した上で、結合されていたのであった。。。

わかってしまえば、大したことではないが一瞬何が起きてるのかさっぱりだった。改行コードはとても大事。