Tera Termマクロによる自動ログイン

サーバで作業するために、Tera Termを結構使っています。しかし、毎回手動でログインするのはなかなか面倒です。

Tera Term にはマクロ機能が用意されています。これを設定することで、マクロファイル(.ttl)をダブルクリックするだけでログインすることが可能です。

本記事では、Tera Termマクロによるsshで自動ログインするための設定方法を紹介します。

【Step1】ttlファイルの関連づけ

マクロファイルの拡張子は.ttlです。そのため、.ttlファイルをダブルクリックしてTera Termマクロ(ttpmacro.exe)を実行できるように、関連づけの設定をします。

手順はこちらのページで紹介しています。→拡張子とアプリケーションの関連づけ(Windows7)

【Step2】マクロファイル(.ttlファイル)の作成

関連づけの設定が完了したらあとはマクロファイルを作成します。
以下、テンプレートファイルです。

環境に応じて、以下に部分を設定してください。

  • username:サーバのユーザ名
  • password:パスワード
  • hostname:サーバのホスト名。もしくは、IPアドレス
  • logfilename:Tera Termのコンソールログファイル名
  • /auth:認証方法
  • logdir:Tera Termのコンソールログ出力先フォルダ

ttlファイルができたら、ダブルクリックしてみてサーバにログインできるか確認してみましょう(ノ´д`)

※注意※

マクロファイルにはアカウント情報が含まれますので、流出などしないよう、取り扱い要注意です!

 


おすすめ書籍:入門 ウェブ分析論

アクセス解析の業務に関わる方におすすめの書籍です。

入門 ウェブ分析論 ―― アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識 増補改訂版

アクセス解析をするためには、大きく分けて2つのスキルが必要です。

  • 業務スキル:どんなアクセス情報を集めて、解析してサイトのパフォーマンス改善を検討する。→アクセス解析の要件を決める。
  • 技術的スキル:Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを導入し、アクセス解析の要件通りの情報を収集するための設定を行う。

つい先日からあるWebサイトのアクセス分析を担当しているのですが、アクセス分析素人の私にとってこの本はとても役に立ちました。

私は主に、技術的な面を担当しているのですが、「こんなデータがほしい!」と言われたときにどこからどういうデータを抽出するればいいかというのがこの本でよくわかりました。

業務スキル、技術スキルの両方について書いてあり、著者のノウハウが詰め込まれているように思います。ちなみに、基本的にGoogle Analyticsを例にとって解説されています。とにかく、アクセス解析に関わる方にとっては一読の価値ありの書籍です。(v^ー°)


WordPressのTwentyFourteenの自動大文字変換を修正する

2014年版WordPressデフォルトテーマ「Twenty Fourteen」では、記事タイトルなど一部の文字が勝手に大文字に変換されて表示されてしまいます。本記事では、これを防ぐ方法をご紹介します。

原因と修正方法


原因はCSS(style.css)内における以下のような記述です。

text-transform: uppercase;

この「uppercase」の記述により、勝手に大文字になっているのです。

そこで、この記述がある箇所を以下のように修正します。

text-transform: none;

style.css内には修正すべき箇所が21あります。

一つ一つやると効率が悪く修正漏れの可能性があるので、ダウンロードして一括置換するほうがよいでしょう。