Tera Termマクロによる自動ログイン

サーバで作業するために、Tera Termを結構使っています。しかし、毎回手動でログインするのはなかなか面倒です。

Tera Term にはマクロ機能が用意されています。これを設定することで、マクロファイル(.ttl)をダブルクリックするだけでログインすることが可能です。

本記事では、Tera Termマクロによるsshで自動ログインするための設定方法を紹介します。

【Step1】ttlファイルの関連づけ

マクロファイルの拡張子は.ttlです。そのため、.ttlファイルをダブルクリックしてTera Termマクロ(ttpmacro.exe)を実行できるように、関連づけの設定をします。

手順はこちらのページで紹介しています。→拡張子とアプリケーションの関連づけ(Windows7)

【Step2】マクロファイル(.ttlファイル)の作成

関連づけの設定が完了したらあとはマクロファイルを作成します。
以下、テンプレートファイルです。

環境に応じて、以下に部分を設定してください。

  • username:サーバのユーザ名
  • password:パスワード
  • hostname:サーバのホスト名。もしくは、IPアドレス
  • logfilename:Tera Termのコンソールログファイル名
  • /auth:認証方法
  • logdir:Tera Termのコンソールログ出力先フォルダ

ttlファイルができたら、ダブルクリックしてみてサーバにログインできるか確認してみましょう(ノ´д`)

※注意※

マクロファイルにはアカウント情報が含まれますので、流出などしないよう、取り扱い要注意です!