「SE業務」カテゴリーアーカイブ

【WebSphere Application Server】強制的にセキュリティを無効にする

WebSphere Application Serverでセキュリティを有効にしている場合、管理コンソールにアクセスできなくなってしまうことがあります。 例えば、「WASのセキュリティ設定を間違えてしまった」、「LDAPサーバと接続できなくなってしまった」、「パスワードを忘れてしまった」などなど。特に、WASの仕組みをよくわかっていない状態で、いろいろ設定をいじくると陥りがちです。(実体験)

そんなとき、構築したてであればプロファイルを再作成すればよいのですが、セキュリティを強制的に無効化する方法があります。

手順① security.xmlを見つける

以下のパスにセキュリティ設定が記述されたXMLがあります。
{WAS_install_directory}/profiles/{profile_name}/config/cells/{cell_name}/security.xml

※パスは環境によって読み替えてください。

手順② security.xmlのバックアップを取得する

security.xmlのバックアップを取得します。IBMはこのファイルを直接編集することをおすすめしてはいないようので。

手順③ security.xmlを編集する

セキュリティが有効になっている場合には、「enable=”true”」となっているので、ここを「enable=”false”」に書き換えます。(以下図の太字部分参照)

<security:Security xmi:version=”2.0″ xmlns:xmi=”http://www.omg.org/XMI&quot;
xmlns:orb.securityprotocol=”http://www.ibm.com/websphere/appserver/schemas/5.0/orb.securityprotocol…; xmlns:security=”http://www.ibm.com/websphere/appserver/schemas/5.0/security.xmi&quot; xmi:id=”Security_1″ useLocalSecurityServer=”true” useDomainQualifiedUserNames=”false” enabled=”true” cacheTimeout=”600″ issuePermissionWarning=”true” activeProtocol=”BOTH” enforceJava2Security=”false” enforceFineGrainedJCASecurity=”false” activeAuthMechanism=”SWAMAuthentication_1″ activeUserRegistry=”LocalOSUserRegistry” defaultSSLSettings=”SSLConfig_1″>
<authMechanisms xmi:type=”security:SWAMAuthentication” xmi:id=”SWAMAuthentication_1″ OID=”No OID for this mechanism” authContextImplClass=”com.ibm.ISecurityLocalObjectGSSUPImpl.WSSecurityContext” authConfig=”system.SWAM” simpleAuthConfig=”system.SWAM” authValidationConfig=”system.SWAM”/>

手順④ WASを再起動する

WASを再起動することで設定が反映されますので、再起動します。ただし、停止時にID/PWを問われるので、停止できません。しょうがないのでプロセスをkillします。

これでセキュリティが無効化されて、管理コンソールにログインできるようになります。

ちなみに、こんな荒っぽい手順ではなく、wsadmin.shを使ってやる方法がWAS小ワザ集紹介されています( https://www.ibm.com/developerworks/jp/websphere/library/was/was_tips/23.html )が、私はこの方法だと上手くいかなかったので、ファイルを直接編集やり方で実施しました。


【Java】整数を均等にn等分するアルゴリズム

ある整数を可能な限り整数のまま等分したいということがあります。例えば、あるバッチ処理で、処理対象件数が300件だとして、スレッド数が9の場合に各スレッドになるべく均等に処理対象のデータを渡したいとします。

この場合、300を9等分するので、[42, 43, 43, 43, 43, 43, 43] と分割されます。Javaで書くとこんな感じ↓

もちろん、割り切れる場合も同じアルゴリズムです。

amount=300、n=9の値を変更すれば好きな値で動きます。

なぜこれでうまく動くのかというと、簡単に言うと、すべて均等に分けたあとに、余りを1ずつ配っているイメージです。

ここら辺のサイトの説明がわかりやすいです。
https://qiita.com/keisuke-nakata/items/c18cda4ded06d3159109
https://tmtms.hatenablog.com/entry/2016/07/27/ruby-split-array

これを知る前は、なかなかイケてないロジックを書いていたな・・・ (;゚Д゚)y 


「このNFCタグをサポートしているアプリはありません」が頻繁に表示される。→NFCを無効にする。

Google Pixel 3を使っていて、先日Androidのバージョンを10に更新したところ、「このNFCタグをサポートしているアプリはありません」というメッセージが頻繁に表示されるようになりました。

結果的には、手帳型のスマホケースに入っているSuicaに反応しているだけでした。。。。とほほ。。。。
でも、Android10にする前からスマホケースにSuica入れてるけどこんなメッセージ出なかったです。感度がよくなったのか??

最近は、モバイルSuicaなどの非接触ICを利用していないので、必要になるときまで無効化しました。

【無効化手順 】

設定のアプリを開きます。
「接続済みのデバイス」を開く
「接続の設定」を開く
NFCのタグをON/OFFすることで、無効化・有効化できます。

このメッセージだけを表示しない設定があったらいいなぁ (;´∀`)